笹川の神楽

笹川の神楽

鎌倉の鶴岡八幡宮が造営された建久2年(1191)、千葉成胤が源氏一族の武運長久を祈願して奏したのが始まりと伝えられています。

文明7年(1475)、東常縁によって総社信州諏訪大神の神楽と融合させた形で、いまの神楽が誕生しました。

猿田彦大神(天狗)、乙女の舞(おかめ)など16面で構成されています。

日時

4月第1土曜

場所

諏訪神社境内

〒289-0601 千葉県香取郡東庄町笹川い580-1(地図

問い合わせ

東庄町観光協会

0478-86-6075